ポロブドゥールの遺跡

ジャワ島ジョクジャカルタにて。7、8世紀頃に建てられたとされ150年ほど前に発見されるまで密林に埋もれていたという。 こんな巨大で素晴らしく手の込んだ建造物が忘れ去られていたというのは実に不思議。 世界最大級の仏教遺跡と言われるとおり、実に壮観!見事な遺跡です。

ゼミ・ジャカルタにて

立派な会場を用意して下さいました。

ラジオ

街のラジオトーク。 ゼミと本のPRのために。 インドネシアにはローカルなラジオ局がたくさんあるらしく、ユニークな催し物などがある時にはラジオを活用してPRするようです。

画像 062

ピンボケ写真ですみません。どの会場でもたくさんの方々が集まって下さいました。

ジョクジャカルタ・ホテル

こんな素敵なホテルを用意して下さったのですが…寝るだけ!朝6時、朝食も取らずに出発~超ハード!

画像 067

バンドン~日本で言うと軽井沢?神戸芦屋?のような位置づけのようです。 教会のB型牧師さん(左)が非常に興味を持って下さいました。お集りの300名全員が本を購入して下さり全員にサインを…この結束力は牧師さんの人望ゆえだろうと感じました。 右は通訳のエリさん(O)大学で日本文化を教えているとのこと。ゼミは本職の上に、完璧な日本語で大変素晴らしい通訳して下さいました。 この会場は皆さんが素晴らしいエネルギーで盛り上げてくれました~感謝

KOKO★

ハードスケジュールの中、KOKOちゃんに癒してもらいました。

書店にて

この旅で、さまざまな街の書店10か所以上でPRを兼ねてのミニゼミを行いました。 写真の右はO型通訳さん。大変優秀な学生さんで、私の話を誠実に丁寧に訳して下さっていたのが伝わってきました。 この時彼は、丁度イスラムの断食中で水も飲めない中でのトーク。私もなるべく早く切り上げたのですが、最後は脱水症状寸前?~倒れなくて良かったです。ありがとう。

現地スタッフ

右側の方が、このイベントの計画を立てた出版社スタッフ、アンゴロ氏(B型) 市川「B型の人が張り切ると異常にハードスケジュールになります~ww」 アンゴロ氏「ソーリーwww」 ハードスケジュールになったということは、アンゴロさんがとても力を入れてくれた証しですね。B型さんたちはノリ気がしなければ何コレ?というくらい適当になってしまうのだから。 アンゴロ氏~ありがとう!!

インドネシア料理

お料理もなかなか美味しいです。四川中華をアジアンエスニック風ににアレンジした感じ。

インドネシアの記録2007(Ⅰ)

​© 2004 by Humanscience ABO center

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now