top of page

食べ物に釣られちゃうのは誰だ?

「食べる」ことは、誰でも大好きですよね。食事を摂ることは肉体的なエネルギー補給だけでなく、脳神経科学からも説明することができるとのことで、人間の脳には食欲中枢や満腹中枢などがあり、それらをバランスよく満足させることは精神の安定をもたらすのだといいます。


うんちくはともかく、食べることは誰でも好きに違いないのですが、同じ”食べる”でも、血液型によって方向性が少々異なります。以前、「AB型は食いしん坊だ」という記事を投稿したのですが、食べることにストレートに真剣なのは、やはり生命力に素直に反応するO型さんです。


「腹が減っては戦が出来ぬ」ともいいますが、人生を逞しく生きていきたいO型にとって、“食べる”ことはまさに生きる活力。とても重要なことなのです。


私のO型友人は、「食べ物となると娘とだって熾烈な戦いをするわ!」と豪語しておりました。

「アタシが冷蔵庫に入れておいたチョコレート、いったい誰が食べたの!?」

「いいじゃないの!たったひとかけのチョコレートぐらいっ!」

「ナニ言ってんの、アンタこの間、煎餅一枚ですごい勢いで怒ったでしょ!あっ、あの時の腹いせね!アタシの娘がそんなに根性悪いとは思わなかったわ!」

「わかったわよ!買ってくればいいんでしょ!!」

「何様のつもりよ!その態度~!!」


お嬢さんもO型だから激しさは増幅し、ある時は殴り合いの喧嘩にまで発展するんだとか。(゚v゚;ノ)ノ  まあ、翌朝になれば2人ともケロッとしてるのが、O型同士の喧嘩ではあります。


そんな話しをインドネシア研究スタッフのB型ホリさんにしたら、彼女はクスクス笑って言います。

「私の旦那さん(O型)。いつもは穏やかなのに、時々すごくイライラしていることがあるんですよ。でもそれは、だいたいお腹が空いているときです。私はそんな時、"何か美味しい物を食べましょうね~"と言って、彼に食べ物を与えますよ。娘(O型)もおんなじです。ウルサイ時には食べ物を与えておくとホントに静かですね~(笑)」


「O型を怒らせてしまった!どうすればいいですか?」

だから、そんな相談をされたときには、

「とりあえず、その人の好物の美味しい食べ物でも持って、さっさと謝りに行ってみたらどうですか?」

と、言ってあげることにしているのです。怒った内容にもよりますけれど、まずは怒りを静めてもらうことが大切で、そうすればスムーズに話し合える可能性が高くなりますよね。それに、ケンカしてる時のO型さんは、その場では引き下がらず、内心悪いと分かっても謝りたくありません。


「え、O型って、そんなことで機嫌が直っちゃうんですか?」

はい、そんなものなのです。O型に限らず人間って、案外"そんなこと"で平静になってしまうものなんですよね。


つまり、お互いにあまり深刻になる前に、ちょっとしたポイントを知って対応することが、人間関係を穏やかに保つコツということなんですね。「血液型人間学」を知っていると、そんなときにとっても便利です。


そういえば、こんなケースもありました。

「旦那さんの浮気を見破るには?」ということで、ちょっとした調査をしたことがあるのです。するとO型旦那さんの場合は、

「記念日でもないのに突然美味しいケーキ買ってきたり、何の気まぐれか豪華な食事に連れて行ってくれたりしたときは、すご~く怪しい!」

ということが判明したのでした。


自分が食べ物に釣られるタイプなので、ついつい、そういう行動をおこしてしまうのかもしれないですねえ。



関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page